爪(陥入爪・巻き爪)

  • HOME>
  • 爪(陥入爪・巻き爪)

陥入爪・巻き爪とは?

陥入爪は爪の一部が肉に食い込んだ状態で、足の親指によく見られます。巻き爪は爪が異常に湾曲し、皮膚に圧迫をかけた状態を言います。これらは痛み、腫れ、時には感染を引き起こし、日常生活に影響を及ぼすことがあります。
陥入爪・巻き爪の原因として、誤った爪の切り方、遺伝的要因、サイズの合っていない靴を履き続けていることなどが挙げられます。

陥入爪・巻き爪の症状

  • 爪のまわりの赤みや腫れ
  • 爪を押すと痛む
  • 歩くと爪が痛む
  • 爪の形が変化した
  • 爪周辺の皮膚が硬くなっている

など

陥入爪・巻き爪の治療

陥入爪・巻き爪の治療

保存的治療として、まずは正しい爪の切り方をアドバイスし、爪と皮膚の間に緩衝材を挿入して圧迫を和らげます。痛みを伴う場合や、感染の兆候が見られる場合は、抗生物質を処方して症状の軽減をはかります。

さらにワイヤーによる矯正が行われることもあり、爪を正しい方向へ導くことで症状を改善します。

手術

保存的治療では改善が見込めない場合には、手術が適応となることがあります。
他院で保存的治療を受けられても改善が見られなかった場合、当院で外科的処置での対応が可能です。一度お気軽にご相談ください。

072-275-8384(お問合せはこちら) 072-275-8385(ご予約はこちら)

お問合せ

ご予約

Web予約

ご相談
お問い合わせ