まぶたの治療

  • HOME>
  • まぶたの治療

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 目が開けづらい
  • 目をしっかり開けることができず、視界が狭く感じる
  • 目の周囲にむくみやたるみがあり、老けて見られる
  • 逆まつ毛が目に当たり、不快感がある
  • まつ毛が目に入りやすく、頻繁に目が痛む
  • 目のまわりの皮膚が外側に反り返り、乾燥しやすい
  • まぶたの形状にコンプレックスを感じている

など

このようなことでお悩みでしたら、堺市の橋本形成外科・美容皮膚科へご相談ください。

眼瞼下垂、逆まつ毛(眼瞼内反、睫毛内反)、眼瞼外反などへの治療を行っています。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは?

眼瞼下垂は、まぶたが通常よりも低く垂れ下がる状態で、視野の狭まりや顔の印象が変わる原因となります。生まれつきのものや、年齢とともに起こるもの、事故や病気によるものがあり、加齢による眼瞼下垂が一般的です。

眼瞼下垂の原因

まぶたを開け閉めする動きには、眼瞼挙筋、ミュラー筋、前頭筋などの筋肉が関わっています。これらの筋肉が弱くなったり、機能不全を起こしたりすると、眼瞼下垂を引き起こすことがあります。

眼瞼挙筋の機能が低下することが多く、その結果、他の筋肉が過剰に働き、頭痛や肩こりの原因になる場合があります。

眼瞼下垂の症状

  • 視野が狭くなり、上方が見づらい
  • 長時間の読書やパソコン作業が困難になる
  • 目を開けるために眉を上げる癖がつく
  • 顔が疲れた印象や老けた印象になる
  • 頭痛や肩こりが起こりやすくなる
  • まぶたが重く、常に目が疲れている感じがする

など

眼瞼下垂の治療

眼瞼下垂の手術は保険診療の適応になりますが、診察の結果、病的ではないと判断した場合は自費診療になります。

当院では眼瞼下垂の日帰り手術を行っています。

手術の方法
除皺術

余剰なまぶたの皮膚を切除する手術です。たるみの改善に効果的です。

挙筋前転法(短縮法)

まぶたを挙げる筋肉を短縮させ、まぶたの開きを良くする手術です。余分な皮膚も同時に取り除きます。

筋膜移植による吊り上げ術

重度の眼瞼下垂や先天性眼瞼下垂に適用される手術です。筋膜を利用して、まぶたの位置を調整します。

逆まつ毛(眼瞼内反、睫毛内反)

逆まつ毛とは?

逆まつ毛は、本来外向きに生えるはずのまつ毛が内側に向き、眼球に触れることで不快感や痛みを引き起こす状態です。「眼瞼内反」「睫毛内反」「睫毛乱生」などとも呼ばれ、目の痛みを引き起こしたり、感染症のリスクを高めたりする場合があります。

逆まつ毛の原因

逆まつ毛は、加齢による皮膚のたるみ、外傷や手術後の影響、遺伝的要因などによって引き起こされることがあります。

逆まつ毛の症状

  • 目の違和感(ゴロゴロ感)
  • 目の痛み、充血
  • 目やにが出る
  • 涙目

など

逆まつ毛の治療

逆まつ毛の治療には、原因や症状に応じて様々な方法があります。

生まれつきであれば、時には成長に伴い自然に良くなることもありますが、症状が重い場合や加齢で起こる場合は、手術が必要です。特に目に影響が出ている場合は、早めの治療が大切です。

眼瞼外反

眼瞼外反とは?

眼瞼外反は、下まぶたが外側にめくれてしまい、内側の部分が外に出てしまっている状態です。加齢によるまぶたのたるみ、顔面神経の障害、外傷後の影響や炎症性疾患など様々な原因で起こります。

眼瞼外反の原因

年齢によるまぶたのたるみ、顔面の神経障害、外傷、炎症性疾患などが原因となります。

眼瞼外反の症状

  • 目の乾燥
  • 目の充血や痛み
  • 結膜の露出による感染リスクの増加
  • 目に異物が入りやすくなる

など

眼瞼外反の治療

眼瞼にある瞼板を短縮して、ゆるんだ組織を切除し引き締めます。
眼瞼のゆるみが強い場合は、必要に応じて筋膜や軟骨を移植して、下まぶたの補強を行います。

072-275-8384(お問合せはこちら) 072-275-8385(ご予約はこちら)

お問合せ

ご予約

Web予約

ご相談
お問い合わせ