電話予約 Web予約 LINE

保険診療

Insurance medical treatment

Birth birthmarks

生まれつきのあざ

あざ(赤あざ・青あざ・茶あざ・黒あざ)

特徴

皮膚の一部の色がその周囲の皮膚の色と異なるもので、色の違いにより赤あざ、青あざ、茶あざ、黒あざなどがあります。

赤あざ

血液・血管系のアザで単純性血管腫、イチゴ状血管腫などがあります。
※当院では赤あざのレーザー治療は行っておりません。

青あざ

真皮と言われる皮膚のやや深い部分にメラニンを産生する色素細胞が増えるために起こり、発生する場所や症状により異所性蒙古斑、太田母斑、伊藤母斑やなどと呼ばれています。これらのあざは自然消失することはないと言われています。保険での治療が可能です。(回数に限りがあります。)

茶あざ

茶あざは表皮に存在するメラニン色素が多いため、周囲の皮膚より茶色く見えるものであり、カフェオレ斑、扁平母斑、外傷性色素沈着などがあります。 一般的なシミやそばかすなどとは異なります。保険での治療が可能です。(回数に限りがあります。)

黒あざ

メラニンをつくる母斑細胞が増殖しているもので、一般的に「ホクロ」と言われています。色素性母斑といい、なかには有毛性のものもあります。また巨大なものは他の色素性母斑より将来悪性化する可能性が高いとも言われております。

治療

Qスイッチレーザー、ピコ秒レーザー、色素レーザー(ダイレーザー)を用いた治療が一般的です。場合により炭酸ガスレーザーや外科的切除手術をおこないます。保険適応のあざ治療もございますので詳しくは診察時にご相談ください。

お問合せ

Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問合せ下さい。

ご予約・ご連絡お待ちしております

お問合せ専用

072-275-8384

ご予約専用

072-275-8385

〒590-0028
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59
南海堺東駅クリニックセンター
(堺タカシマヤ8階)
ページのトップに戻る