電話予約 Web予約 LINE

症例説明

Cosmetology

毛穴の悩み

毛穴の症状にはいくつかのタイプがあります。過剰な皮脂分泌や汚れの洗い残し、老化などにより毛穴は開きます。毛穴の症状により原因が異なり、治療方法も異なります。それぞれの原因に応じた適切な治療の選択が必要です。

*毛穴の種類
【黒い毛穴】
毛穴はそれほど開いていないものの、毛穴に黒い点がみられる状態です。この症状には、毛が生えているものと角栓によるものがあります。

【開き毛穴】
毛穴が円形に開いた状態です。大きさが均一に開いたものと、ところどころ大きく開いた毛穴が混在するタイプがあります。

【たるみ毛穴】
毛穴が楕円形に細長く開いたものは、加齢に伴う真皮のたるみが原因です。コラーゲンが減少して肌のハリがなくなり、皮膚がゆるんできてしまうと、毛穴は涙型に広ります。小鼻の横近くの頬などによく目立ちます。

黒い毛穴(毛が生えているもの)

一見黒ずみのように見えていても拡大鏡などで見ると黒い毛が生えていることがあります。

黒い毛穴(角栓によるもの)

過剰な皮脂分泌、または角質や毛穴に詰まった皮脂や汚れに対しての、肌の不十分なケアが原因です。肌の代謝がうまくいかなくなると、表面に古くなった角質が溜まりそれが皮脂とくっついて角栓となります。毛穴に角栓が長く詰まっていると、空気に触れる事により、酸化して黒くみえるものがあります。

治療方法

開き毛穴(均一な開き毛穴)

均一な開き毛穴は皮脂腺の発達が原因で、体質的にオイリーな肌の方、加齢とともに皮脂腺が発達した方にみられます。
皮脂は、肌に皮脂膜を張ることで乾燥を防ぎ、外部の刺激から肌を守るという役割を持っています。しかし、過剰に分泌すると古い角質と皮脂が混合し、毛穴に詰まり、毛穴が開いていきます。(日頃の食生活で糖質や脂質を接種しすぎると、体外に排出しようとするため、過剰な皮脂分泌の原因の一つとまります。また、これらを代謝するために必要なビタミン類をきちんととっていないことも原因となります。)
しかし、逆に皮脂を気にしすぎてあまりに除去しすぎると、肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌して結果毛穴を広げてしまうこともあります。また、毛穴が開いたままの状態でいると、開いた毛穴に細菌が入り込み、ニキビなどの肌トラブルを招く原因となります。

治療方法

開き毛穴(不均一な開き毛穴)

均一な開き毛穴の中にある、ところどころの大きな毛穴はニキビ痕が原因です。ニキビの強い炎症が長く続くと治療後にニキビ痕だ残ります。炎症が真皮層まで達すると、陥没してクレーターのような凸凹肌となる場合があります。

治療方法

たるみ毛穴

毛穴が楕円形に細長く開いたものは、加齢に伴う真皮のたるみが原因です。コラーゲンが減少して肌のハリがなくなり、皮膚がゆるんできてしまうと、毛穴は涙型に広ります。小鼻の横近くの頬などによく目立ちます

治療方法

お問合せ

Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問合せ下さい。

ご予約・ご連絡お待ちしております

お問合せ専用

072-275-8384

ご予約専用

072-275-8385

〒590-0028
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59
南海堺東駅クリニックセンター
(堺タカシマヤ8階)
ページのトップに戻る