電話予約 Web予約 LINE

症例説明

Cosmetology

シミの悩み

シミとは

シミには様々な種類があり、原因や治療が異なります。
当院では、肌診断機( re-Beau2)を使用し、(経験豊富な形成外科専門医に)医師により診断を行い、最適な治療のご提案をしています。また、予算や希望に応じた治療を選択する事ができます。
肌診断機(re-Beau2)は、薄いシミ(隠れジミ)、薄い肝斑などの見た目では判断が難しい肌の状態も明確に映し出されます。また、肌の変化を客観的に評価する事が可能であり、治療の経過を視覚的に見る事ができます。

老人性色素班

一般的にしみと呼ばれているもののほとんどが老人性色素班にあたります。肌が紫外線によってダメージを受けたり、加齢やホルモンの影響、新陳代謝の低下によって、メラニン色素が蓄積してしまうトラブルです。

治療方法

雀卵斑

名称のとおり、雀あるいはウズラの卵の模様に似た色素班で、遺伝的要因が強く色白の人に多くみられる傾向があります。一般に幼少期からでき始める事が多く、思春期頃に濃くなります。レーザーで治療しても紫外線により再発する事があり、治療後も徹底した紫外線対策が必要です。

治療方法

肝斑

主に中年以降の女性の顔にできる淡褐色から褐色の色素班で、大きな特徴は左右対称にほぼ同じ形で現れます。多くは頬骨のあたりや額、口の周りに左右対称性にあらわれ、淡く境界が不明瞭な褐色のしみです。妊娠や婦人科疾患などのホルモンの影響や紫外線、摩擦などによってできやすくなります。強いレーザー治療によって悪化することがあるため、内服を基本としながら経過観察し、様々な治療法を組み合わせて徐々に薄くしていきます。

治療方法

ADM

20際前後より両頬に出現するあざの一種です。グレーや青味を帯びた点状色素班が左右対称性に存在します。
好発部位が似ている肝斑やそばかす(雀卵斑)と判別する事が大切です。また、時に肝斑やそばかす(雀卵斑)老人性色素班と混在している事もあります。混在している場合でも、適切な治療を行う事で治療が可能ですのでご相談ください。

治療方法

くすみ・炎症後色素沈着

くすみは、古い角質が蓄積したり、色素沈着や血行不良などのターンオーバーの乱れが原因です。肌のターンオーバーを正常化する事が重要です。炎症性色素沈着は、にきびや傷、虫刺され、かぶれ、やけどや湿疹後など肌に炎症が起きた後にできる茶色いくすみです。紫外線を浴びてしまうとさらに濃くなってしまうため、紫外線対策は重要です。

治療方法

脂漏性角化症

加齢によりできる、うつらないイボです。しみのように見える平らなものもありますが、拡大鏡で観察するとやや隆起している良性腫瘍です。

治療方法

色素性母斑(黒あざ)

治療方法

太田母斑(青あざ)

治療方法

扁平母斑(茶あざ)

治療方法

お問合せ

Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問合せ下さい。

ご予約・ご連絡お待ちしております

お問合せ専用

072-275-8384

ご予約専用

072-275-8385

〒590-0028
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通59
南海堺東駅クリニックセンター
(堺タカシマヤ8階)
ページのトップに戻る